ナット博士はバイオ医学の発見と開発の分野で30年の経験を有しています。発見内容は「Science, Cell, and Molecular cell」の表紙の他、PNASやEMBOにも掲載され、2006年のノーベル化学賞の主な貢献者となりました。神経生物学とコリンエステラーゼの研究で修士号と博士号を取得しています。スタンフォード大学で転写、生物物理学、構造生物学の分野で10年間研究を行った後、メリーランド大学医学部薬理学部に入学し、研究ラボを主導し、大学院および医学部で教鞭を執りました。バイオメディカル業界では、バイオ医薬品のディレクターやバイオポリマー開発のディレクターなどの役職を務めました。専門分野には上流から下流までの医薬品開発、がん、転写、再生骨治療、診断、抗生物質、および構造生物学が含まれます。


ナット博士の初期のバイオ医学キャリアのハイライトにはヒトコリンエステラーゼの初のクローニング、発現、突然変異分析、およびそれらの機能に影響を与える薬剤を使用した薬理学的分析が含まれます。この業績により欧州神経生物学会の若手講師賞を受賞しました。1990年から2000年までポスドクその後PIとして、ナット博士はスタンフォード大学で働き、RNA転写活性化10サブユニットのRNAポリメラーゼII構造の研究を主導しました。この業績はノーベル賞の講演で取り上げられ、議会に提出され、「Science」誌の表紙に取り上げられました。 

薬理学者として、ナット博士は、メリーランド大学医学部に13年間在籍しました。 研究対象は人体の転写、ガン治療、骨治療、抗ウイルス薬、および診断を中心としたものです。

ナット博士は大学院と医学部でも薬理学を教えています。大学院薬理学部の学生のためのカリキュラムを開発し、その後、画期的なコースの主要セクション(分子生物学、遺伝学、タンパク質)を指導しました。 いくつかの成果には2種類の新しいガンの標的、60種類を超えるタンパク質の発現、および複数の新しい診断方法が含まれています。

バイオ医薬品業界でナット博士は、新しい骨再生製品を開発するバイオ医薬品のディレクターなど、初期クローニングから上流および下流の生産、製剤から動物試験までさまざまな役職を歴任しました。

ナット博士はAI/生物医学インタフェース、および非侵襲的診断デバイスのコンサルタントも務めています。