2019年7月1日にDataReviveに入社し、前職はFDAで17年間の臨床腫瘍学審査の経験を有しています。CDERの血液学・腫瘍製品部で10年間、CBERの細胞組織遺伝子治療部で3年間、腫瘍学臨床チームのリーダーを務めてきました。それ以前は、腫瘍製品部の生物学的腫瘍製品審査のメディカルオフィサーを務めていました。


また、シェリング・プラウ研究所の臨床プロジェクト・ディレクターを務め、NCI(米国立衛生研究所)ではNIH(米国立がん研究所)で4年間勤務しました。テュレーン大学医療センターで血液学と腫瘍学の臨床助教授、腫瘍学チーフを4年間務めました。

新薬申請とバイオ医薬品のライセンス申請のための多数の有効性サプリメントの審査を行い、FDAと業界関係者の会議に参加し、製品開発審査手順に関して業界向けのアドバイスを行ったほか、多数の低分子医薬品およびバイオ医薬品の治験薬申請の審査を行いました。

以下を含む多数の腫瘍製品を審査しています:

  • デュルバルマブ
  • アベルマブ
  • アテゾリズマブ
  • ラジウム223
  • エンザルタミド
  • バンデタニブ
  • クリゾチニブ
  • パゾパニブ
  • ロミデプシン
  • ベバシズマブ
  • スニチニブ
  • アパジクオン
  • チボザニブ
  • エベロリムス
  • リダホロリムス
  • バンデタニブ
  • ピキサントロン
  • パゾパニブ
  • ロミデプシン