モニカ・ヒューズ医学博士は米国食品医薬品局(FDA)で合計18年間の薬事規制、検査、調査の経験を有しています。DataReviveには2020年5月に入社しました。DataReviveへの入社前、ヒューズ氏は4年間は薬事健康プロジェクトマネージャー(RPM)として、5年間は薬事プロジェクトマネージャーチームリーダーとして、米国FDAの医薬品評価研究センター(CDER)の血液腫瘍製品室(OHOP)、腫瘍製品2課(DOP2)ではほぼ10年間チーフプロジェクトマネージャーを務めました。 


2003年から2007年までFDAではRPMとして、Vectibixを含む多数の承認申請と共に150以上のINDの管理を行っていました。 2007年から2012年まではRPMチームリーダーとして、Stivargaを含む承認申請の管理を続け、同時に薬事プロジェクト管理スタッフのトレーニングと指導も行いました。そして、2012年から2020年まではチーフプロジェクトマネージャーを務め、CDERの最も忙しい審査部門の1つで薬事プロジェクト管理スタッフを監督し、300件以上のPDUFA/BSUFA会議出席依頼をこなし、750件以上のIND、250件以上の個別の拡大アクセス依頼、60件以上のサプリメント有効性、5から10件のNME NDA/BLA、505(b)(2)、およびバイオ後続品申請を扱いました。 近年でDOP2で承認の管理を担当した医薬品は以下のとおりです:Alecensa、Portrazzo、Cotellic、Tagrisso、Yondelis、Lonsurf、Odomzo、Unituxan、Lenvima、Lartuvo、Bavencio、Alunbrig、Mvasi、Vitrakvi、Lobrena、Libtayo、Vizimpro、Bravtovi、Mektovi、Lutathera、Azedra、Turalio、およびRozlytrek。

ガン治療薬の申請承認を担当していた際、ガン闘病中の父親を介護する個人的な体験から、医師が知識を広げて個別または緊急使用INDで患者を治療できるようにすることに情熱を傾けるようになりました。 FDAのフォーム3926で申請を提出する医師のために概要を説明するビデオシリーズを監修しています。

また複合科学(生物学と化学)と分子生物学で学士号と修士号をそれぞれ取得しています。 キャリアの初期にはプライマリーケアの医薬品販売員として働き、ヤングスタウン州立大学、クリーヴランド州立大学、およびピッツバーグ大学で生物学の補助教員を務めました。